プラズマ乳酸菌を
含んだヨーグルトの
効果について

たまねぎ

整腸作用以外の効果があるヨーグルト

ヨーグルトには整腸作用などを始めとした様々な健康効果が期待できる事をご存知の方も
多いでしょうから、毎日欠かさず食べるようにしているという方も多いでしょう。

またヨーグルトには多くの種類の乳酸菌がいるのですが、
その種類によって期待できる健康効果が異なるのでどれをを選べば良いか分からないという方も多いかもしれません。

そういった多くの種類が存在する乳酸菌の中で、
近年研究なども盛んに行われ大きな注目集めている食品素材であるプラズマ乳酸菌という乳酸菌をご存知でしょうか。

このプラズマ乳酸菌は現在機能性ヨーグルトとして既に販売されていて、
特に風邪やインフルエンザなどといったウイルスによる感染症に非常に高い効果を示すと言われている事から
できるからなのだそうです。

従来のヨーグルトなどに含まれている乳酸菌では、そういったウイルス感染を阻止するための免疫機能に直接作用
する乳酸菌は存在しないとも言われていたのですが、プラズマ乳酸菌はそれを覆して免疫機能の司令塔の役割を
担っているプラズマサイトイド樹状細胞の働きを直接活性化させる事が確認されたのです。

通常ウイルスがいない場合は眠っているかのように働きを示さないプラズマサイトイド樹状細胞をプラズマ乳酸菌は
直接活性化する事ができるので、活性化されたプラズマサイトイド樹状細胞の働きで、ウイルスがいない場合でも
常時ウイルスの侵入に対して警戒するように免疫機能が働くので、ウイルスの侵入を阻止する機能が高まりウイルスに
強い体に導いてくれる効果があると言われているのです。

またプラズマ乳酸菌の人間に対する効果についての研究を行った結果では、風邪を引く人が減少したという結果や、
インフルエンザや風邪の症状である熱っぽさや咳などの症状の頻度が少なくなったという結果が出ているようです。

このように従来のヨーグルトに含まれていた乳酸菌とは異なり、直接免疫機能の司令塔であるプラズマサイトイド
樹状細胞を活性化させる事で、風邪やインフルエンザ予防に対して非常に高い効果が期待できるプラズマ乳酸菌の
ヨーグルト製品を摂取するように心がけてみるのも健康維持に役立つかもしれません。